第11回分子科学討論会

実行委員会より

実行委員長あいさつ

河野 裕彦(東北大学大学院理学研究科 化学専攻)

 第11回分子科学討論会2017仙台を,2017年9月15日(金)から18日(月)まで東北大学川内北キャンパスで開催いたします。2007年の第1回分子科学討論会以来10年ぶりの仙台での開催となります。分子科学討論会は分子科学会が開催する最も主要な研究集会であり,毎年1000名以上の参加者が分子性物質の理解と応用に関する研究発表や活発な討論を行っています。実行委員一同,実りある討論の場をご提供できるように努めて参ります。今回は,新たに賛助会員様向けのランチョンセミナーを企画するなど,企業の皆様と学会参加者が密接に情報を交換する場を用意いたします。
 2015年12月には地下鉄東西線が開通しました。JR仙台駅から会場の川内駅までの所要時間はわずか7分で,市内のホテルから会場までの移動がスムーズになりました。研究者,学生,及び協賛企業の多くの皆様の参加をお待ちしております。

実行委員長:

河野裕彦(東北大学大学院理学研究科)

実行委員(順不同):

東北大学

(理学研究科)

叶 深、柴田穣、藤井朱鳥、前山俊彦、松田欣之、美齊津文典、岸本直樹、大下慶次郎、中野元善、大槻幸義、菅野学、森田明弘、高橋英明、王琳、山下正廣、高石慎也、加藤恵一、井口弘章

(多元物質科学研究所)

米田忠弘、高岡毅、道祖尾恭之、上田潔、奥西みさき、福澤宏宣、芥川智行、菊地毅光、星野哲久、武田貴志、高橋正彦、渡邉昇、山崎優一、秋山公男、大庭裕範

(薬学研究科)

中林孝和、梶本真司、黒井邦巧

(工学研究科)

浅井圭介、越水正典、藤本裕

(金属材料研究所)

宮坂等、谷口耕治、高坂亘、関根良博

(農学研究科)

高橋まさえ

仙台高等専門学校

福村裕史