直線上に配置

分子構造総合討論会

直線上に配置

 

 

アイコン 分子構造総合討論会掲示板

 
新組織設立の検討
 
新組織設立の検討 (設立検討委員会議事録)
 
分子構造総合討論会2006静岡
 
2006年分子構造総合討論会臨時運営委員会議事録 (3月30日)
 
第3期代表幹事着任のご挨拶・第2期代表幹事退任のご挨拶

 

分子構造総合討論会について
平成18年4月

  分子構造総合討論会は毎年秋に開催される、我が国の分子科学分野における最大規模の討論会であり、 既に30年以上の歴史を持っています。その主題は、分子および分子集合体の構造、物性、反応に関する 分子科学分野全般の理論・実験を含み、参加者は毎年約1000名、発表件数も900 件程度に達します。
 討論会は全国各地を回り持ちで開催され、日本化学会および当該地区の日本化学会支部に共催を御願いしています。 このように化学の色彩はあるものの、化学物理、物性物理、生物関連の分野などの隣接領域からの発表もあり、 また分子科学分野とその周辺全体に目配りした招待講演、特別講演を含むなど、他分野に対しても広く開かれています。
 討論会ではまた、多くの関係業者の方々による展示会も併設され、最新の機器・研究手段・書籍などの宣伝、 情報入手の良い機会となっています。
分子科学は、日本が長い伝統を誇る分野であり、本討論会のこのような盛況も、諸先輩の御努力の賜です。 分子科学自体がいまなお多くの興味深い主題を持つと共に、ナノサイエンス・バイオサイエンスなどの 発展著しい諸分野の基礎として益々その重要性が増しつつあります。
今後もこの強力な基盤の上に立ち、開かれ・発展する分子科学の総合的なフォーラムとして機能していくよう、 関係者一同努めております。広く研究者、関連企業の皆様の御参加、御支援を御願い申し上げます。

今年は、静岡市で開催されます。大勢の方々の参加をお待ち致しております。




2006年分子構造総合討論会実行委員長  .
尾形 照彦(静岡大学理学部化学科)

分子構造総合討論会運営委員会代表幹事 .
西川恵子 (千葉大学大学院自然科学研究科)


直線上に配置




ご意見をお寄せください