求人情報

分子科学会若手支援事業
 〜大学院生が企画する研究集会等に対する助成の募集について〜


分子科学会では、次世代を担う研究者を育成する一助とするため、2009年度より若手が企画する研究会等への支援事業を行っています。今回の募集は、2017年8月末日までの開催予定の研究会等を対象とします。例えば、以下のような企画を支援します。
・あるテーマに関連する複数の研究室の学生が集まり、学生による話題提供の後に、現在の課題や将来の方向性について議論する。
・分子科学討論会では講演を聴く機会の少ない周辺分野の先生を講師としてお招きし、講演や質疑応答を通して視野を広げる。
その他、自由な発想でのご応募をお待ちしています。興味のある方は、まずは企画担当(bunshi-kikaku-desk@bunken.co.jp)までご相談ください。

1) 大学院生が主体的に企画する、分子科学に関連する研究会等であること。
2) 申請代表者は、大学院博士後期あるいは前期課程に所属し、分子科学会の学生会員であること。
3) 複数の所属研究室にまたがる5名程度以上(申請代表者を含む)の分子科学会の学生会員が参加すること。
4) 補助金は原則として一件あたり最大10万円以下とするが、規模によってはそれ以上の配分を認める場合もある。なお、補助金の使途は、会場使用料や講師旅費などの研究会等の開催に直接関連するものに限る。
5) 2〜3件を採択予定。補助金枠がなくなり次第応募を終了します。
6) 下記の要件を記載した申請書を1部提出すること。書式は随意。
  (1) 研究会等の名称
(2) 申請代表者(氏名、所属、会員番号、連絡先住所・電話・電子メール)
(3) 研究会等の趣旨および概要の説明(できれば、プログラム・日程なども記載)
(4) 参加予定の学生会員(氏名、所属、会員番号)
(5) 補助金申請額
(6) 補助金の使途に関する説明(特に、10万円を超える申請をする場合にはその理由を明記すること)
(7) 他の補助金への応募・採択状況
7) 会終了1ヶ月後以内に、報告書を提出すること。なお、補助金の使用状況についても記載すること。

書類送付先:Wordファイルあるいはpdfファイルで、電子メールにてbunshi-wakate@bunken.co.jp宛に送付

応募締め切り:随時(開催月の3ヶ月前の月末)
※たとえば開催日程が2017年4月5日の場合、「開催月の3ヶ月前の月末」とは2017年1月31日です。

採択結果の通知:申請後1月程度で申請代表者にご連絡する予定です。