[分子科学会速報18-111] 有機固体若手の会2018秋の学校のご案内

*********************************************************************
[分子科学会速報18-111]  有機固体若手の会2018秋の学校のご案内
*********************************************************************

速報発信者:須田理行(自然科学研究機構 分子科学研究所)


有機固体若手の会2018秋の学校のご案内

「有機固体若手の会 2018秋の学校」のご案内

この度、2018年11月29日(木)-30日(金)に、有機固体若手の会2018秋の学
校を開催することになりました。多くの学生(学部・修士・博士)、若手研
究者の方の参加をお待ち致しております。また、研究室内、関連分野の研究
者の方にもご周知いただければ幸いです。

有機固体というのは金属錯体や高分子、炭素材料も含めた広い意味での分子
性物質を指しています。特に、本年度はコミュニティが分断されつつある化
学系、物理系の間の相互理解を大きな目的としています。化学分野の皆様の
ご参加をお待ちしております。

以下、研究会に関する情報をご案内いたします。

====
- 日程 : 2018年11月29日(木)午後-11月30日(金)午前

- 場所 : 白浜荘(滋賀県 琵琶湖国定公園 近江白浜)

- 概要
有機固体若手の会では、「有機固体」を分子性固体と広く捉えて、その電子
物性に興味を持つ学生・若手研究者(40歳前後以下)の間の交流・情報交換
の活性化を目的に若手の学校を定期的に開催しています。
今回の2018秋の学校では、実験物理・実験化学・理論の各分野の第一線で活
躍されている先生方の講演を通して、各分野の基礎と最先端を学ぶのに加え
、水素が関わる最新の電子物性についても学びます。これらを通して、本学
校がこれまで以上に物理と化学の間の相互理解・活発な意見交換の場となる
ことを目指しております。
一般的な学会や研究会とはひと味違った角度から各自の研究を深め、新たな
研究の輪を広げることが期待されます。ぜひ多くの学生・若手研究者の皆様
にご参加いただき、ご自身の研究に役立てていただければ幸いです。

本学校では、招待講演の他に参加者によるポスター発表等を予定しており、
物質合成/物理化学/物性測定/理論物理と多様なバックグラウンドや研究
スタイルを持つメンバー同士が交流する最適な場になるのではないかと思い
ます。学会デビューしていない学生の参加も大歓迎ですので、ぜひ多数のご
参加をお待ちしております。

- 参加費 : 15,000円
(ポスター発表を行う学生限定で、希望者には旅費・参加費の一部の補助を
行う予定ですが、予算に限りがありますので、ご希望に添えない場合もあり
ます)

- 招待講演者一覧(順不同)
阿波賀邦夫 先生(名古屋大)
井澤公一 先生(大阪大)
小林玄器 先生(分子研)
圓谷貴夫 先生(熊本大)
Natalia Drichko 先生(Johns Hopkins Univ., 東大物性研客員教授)
(講演タイトル、プログラム等は近日中に下記Webページに掲載予定です)

- Webページ
https://sites.google.com/view/organic-ws-2018autumn/

- 参加登録 以下のリンク、あるいはWebページの「参加登録」よりご登録を
お願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScnyh6mE4MVFJyl-Gd5yLwb1o3aYOXYM37xHwB_T82iKcl0pA/viewform?usp=sf_link

登録〆切日は10月26日(金)ですが、定員(60名程度)に達し次第締め切ら
せていただきます。

世話人(順不同):
井口 弘章(東北大院理)
角屋 智史(兵庫県立大院物質理)
杉浦 栞理(NIMS)
須田 理行(分子研)
須波 圭史(東大院工)
平田 倫啓(東北大金研)
藤田 貴敏(分子研)
松浦 弘泰(東大院理)
渡部 洋(早大高等研)
====


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************
大学院生募集中
分子科学研究所/総合研究大学院大学 https://www.ims.ac.jp/
Mail:r7139@orion.ac.jp   Tel:0564-55-7139
*********************************************************************

[分子科学会速報18-110] 第8回SFG研究会のお知らせ

*********************************************************************
[分子科学会速報18-110]  第8回SFG研究会のお知らせ
*********************************************************************

速報発信者:山口祥一(埼玉大学)


第8回SFG研究会のお知らせ

和周波発生(SFG)分光の国際シンポジウムを,埼玉大学と鹿島学術振興財団
の支援を受けて開催します.
界面非線形分光の分野をリードする内外の研究者18名と,北大低温研の佐崎
元先生,岡山大の松本正和先生を招待しました.

日時:2018年10月26日(金)12:25 ~ 27日(土)16:35
場所:JA共済埼玉ビル(大宮駅から徒歩13分)
招待講演者(講演順):
Yuen Ron Shen (UC Berkeley)
Tahei Tahara (RIKEN)
Yuki Nagata (Max Planck Inst)
Ali Dhinojwala (Univ of Akron)
Kazuya Watanabe (Kyoto Univ)
Shoichi Yamaguchi (Saitama Univ)
Masakazu Matsumoto (Okayama Univ)
Ellen Backus (Max Planck Inst)
Shen Ye (Tohoku Univ)
Heather Allen (Ohio State Univ)
Akihiro Morita (Tohoku Univ)
Eric Tyrode (KTH Royal Inst Tech)
Taka-aki Ishibashi (Univ of Tsukuba)
Toshiki Sugimoto (Inst Mol Sci)
Gen Sazaki (Hokkaido Univ)
Tatsuya Ishiyama (Toyama Univ)
Takayuki Miyamae (AIST)
Yukio Ouchi (Tokyo Inst Tech)
Marie-Pierre Gaigeot (UEVE Paris)
Satoshi Nihonyanagi (RIKEN)

聴講ご希望の方は10/9までに山口( shoichi@apc.saitama-u.ac.jp )
にメールをお送りください.よろしくお願いします.


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************
最先端の理化学用レーザーから汎用性の高い光関連装置まで。
おかげさまで50周年 (株)日本レーザー www.japanlaser.co.jp/
MAIL:jlc@japanlaser.co.jp TEL:03-5285-0861
*********************************************************************

[分子科学会速報18-109] 「第8回量子化学スクール」のご案内

*********************************************************************
[分子科学会速報18-109]  「第8回量子化学スクール」のご案内
*********************************************************************

速報発信者:藤田貴敏(分子科学研究所)


「第8回量子化学スクール」のご案内

この度、2018年12月17日~19日に「第8回量子化学スクール」を開催するこ
とになりました。講義は最先端の研究を行っておられる講師陣が担当し、電
子状態理論の基礎から解説して頂きます。さらに参加者同士の交流もできる
ように、ポスター発表も企画しております。幅広い分野からの参加をお待ち
しております。

以下、スクールに関する情報をご案内します。
スケジュールなどの詳細や参加登録は下記のwebページをご覧ください。
https://ccportal.ims.ac.jp/qcs2018


・日程:2018年12月17日(月)~19日(水)

・会場:岡崎コンファレンスセンター (http://www.orion.ac.jp/occ/ )

・参加申込締切:2018年11月30日(金)

・講師一覧と講義タイトル:
小林正人 先生 (北海道大学)
「Hartree-Fock(-Roothaan)法: 理論概要から詳細、数値結果まで」
中谷直輝 先生(首都大学東京)
「電子相関とpost-HF法」
神谷宗明 先生(岐阜大学)
「密度汎関数理論の基礎」
福田良一 先生(京都大学)
「電子励起状態の計算化学」
原渕祐 先生(北海道大学)
「量子化学計算を用いた反応経路解析」
岸亮平 先生(大阪大学)
「量子化学に基づく分子物性の予測と解釈」
和佐田祐子 先生(名古屋工業大学)
「GaussianによるSCFおよび構造最適化計算の実際」
清野淳司 先生(早稲田大学)
「相対論的量子化学における理論・計算手法の基礎」
白井聡一 先生(豊田中央研究所)
「企業の材料研究における量子化学の役割」

・校長:岩田末廣 先生

・学生限定で交通費のサポートを行っております。
(予算に限りがありますので、ご希望に添えない場合もあります)


・世話人:
藤田貴敏(分子研)
中井浩巳(早稲田大)
中嶋隆人(理研)
江原正博(分子研、計算セ)

・主催:
自然科学研究機構 分子科学研究所
ポスト「京」重点課題5
計算物質科学人材育成コンソーシアム(分子科学)
理論化学研究会

・共催:
理化学研究所 計算科学研究センター
自然科学研究機構 岡崎共通研究施設 計算科学研究センター


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************
Ocean Opticsの小型で低価格な分光器
デモ機貸出しも可能。お問い合わせは↓
オーシャンフォトニクス株式会社 http://www.oceanphotonics.com
*********************************************************************

[分子科学会速報18-108] CSJ-RSC合同出版ワークショップ

*********************************************************************
[分子科学会速報18-108] CSJ-RSC合同出版ワークショップ
*********************************************************************

速報発信者:浦上裕光(Royal Society of Chemistry)


CSJ-RSC合同出版ワークショップ

Royal Society of Chemistryは10月23日(火)に「CSJ-RSC合同出版ワークシ
ョップ:論文作成と査読プロセスの基礎とエディターたちからのアドバイス」
を第8回CSJ化学フェスタ2018 (http://www.csj.jp/festa/2018/)  で開
催します。本企画では,Royal Society of Chemistry,日本化学会、論文校
正会社の編集者が原稿作成や論文執筆に関するアドバイスやノウハウを紹介
します。また論文作成に関する情報に加え、投稿から出版までの査読プロセ
ス、サイエンスライティングの文章構造や査読者としてのベストプラクティ
スなど出版に関する重要なトピックを幅広くカバーします。第8回CSJ化学フ
ェスタ2018の参加者であれば、

参加費は無料です。詳細はhttps://rsc.li/2lS0GJ0でご覧ください。皆様の
ご参加をお待ちしております!

日時:10月23日(火) 13時00分-17時35分

会場:タワーホール船堀 4F 401会議室(E会場)

プログラム

13:00-13:05:Opening

浦上裕光( Royal Society of Chemistry・出版開発マネージャー、日本マネ
ージャー)

1)13:05-13:35: 「学術出版の過去、現在と未来」

Philippa Ross( Royal Society of Chemistry・Chemical Communications, 
Chemical Society Reviews 編集長)


2)13:35-14:05:「論文作成の基本とノウハウ,エディターからの助言」

有賀克彦(物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)
・主任研究者、Bulletin for the Chemical Society of Japan編集長)


3)14:05-14:35:「総説執筆のポイント:Chemical Society Reviews誌より
の助言」

Douglas Stephan(University of Toronto・教授、Chemical Society Reviews 
Chair)


4)14:55-15:55:「サイエンス/テクニカルライティングの文章構造」

David Kipler( Science Communications Trainer for Editage(Cactus 
Communications))


5)16:15-17:00:「査読プロセス:投稿から出版まで」

浜地 格( 京都大学 大学院工学研究科・教授、Chemical Communications A
ssociate Editor)


6) 17:00-17:30:「査読者としての心得:ベストプラクティスからReviewer 
Recognitionまで」

Philippa Ross( Royal Society of Chemistry・Chemical Communications, 
Chemical Society Reviews 編集長)


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************
PCから水冷静音/高密度サーバ/GPUまで、HPC製品開発メーカー
リアルコンピューティング株式会社 http://www.realcomputing.jp/
E-Mail;sales@realcomputing.jp Tel;03-5621-7211
*********************************************************************

[分子科学会速報18-107] 触媒・電池元素戦略研究拠点シンポジウム

*********************************************************************
[分子科学会速報18-107]  触媒・電池元素戦略研究拠点シンポジウム
*********************************************************************

速報発信者:太田浩二(京都大学 触媒・電池元素戦略ユニット)


触媒・電池元素戦略研究拠点シンポジウム

触媒・電池元素戦略研究拠点第13回公開シンポジウム開催のお知らせ

文部科学省元素戦略プロジェクト<研究拠点形成型>の一つとして遂行して
います。
触媒・電池元素戦略研究拠点プロジェクトでは、プロジェクトの活動の一環
として、触媒・電池元素戦略研究拠第13回公開シンポジウムを開催いたし
ますのでお知らせします。
多数の方のご来場をお待ちしています。

日 時: 平成30年10月24日(水) 13:00~17:30
場 所: 京都大学 船井哲良記念講堂国際連携ホール
     (京大桂キャンパス)
     http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_k.html
     (13番の建物)

講演者および講演題目:
<特別招待講演>
佐野庸治(広島大学)
「ゼオライト水熱転換法による高耐久性ゼオライトの合成およびNH3-SCR触媒
への応用」
尾崎泰助(東京大学)
「オーダーN第一原理電子状態計算手法の開発とその応用」
稲葉 稔(同志社大学)
「濃厚電解液をベースとしたLIB用劣化フリー電解液の開発」
<拠点成果発表>
吉田寿雄(京都大学)
「中性子非弾性散乱法による担持金属触媒上の吸着水素の観察」
森田明弘(東北大学)
「分光計測と理論計算による電極‐電解質溶液界面の構造と被膜形成の研究」
獨古 薫(横浜国立大学)
「溶媒和イオン液体の開発と次世代蓄電池への応用」

プログラムの詳細:
http://www.esicb.kyoto-u.ac.jp/
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/events_news/department/kougaku/events/2018/181024_1055.html

<参加費> 無料(但し、懇親会費は4,000円)
<参加登録> メールにて、
      京都大学 触媒・電池元素戦略ユニット事務室
      (admin@esicb.kyoto-u.ac.jp)まで
      懇親会への参加の有無もあわせてご連絡ください
<締 切> 当日受付も可能ですが、なるべく事前登録をお願いします。

<お問い合わせ先>
〒615-8245
京都市西京区御陵大原1-30
京都大学工学研究科イノベーションプラザ
京都大学 触媒・電池元素戦略ユニット事務室 太田浩二
電話: 075-383-2822
FAX: 075-383-3047
E-mail: admin@esicb.kyoto-u.ac.jp


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************
+++ Leading Innovations; FT-IR, FT-NIR and Raman +++
    ブルカージャパン株式会社 オプティクス事業部
      >>> marketing.bopt.jp@bruker.com
*********************************************************************


[分子科学会速報18-106] 第五回電子状態シンポジウムのご案内

*********************************************************************
[分子科学会速報18-106]  第五回電子状態シンポジウムのご案内
*********************************************************************

速報発信者:吉川武司(早稲田大学)


第五回電子状態シンポジウムのご案内

早稲田大学の先進理工学部の吉川武司と申します。
2018年10月31日(水)に早稲田大学 西早稲田キャンパスにて
第5回電子状態シンポジウムを下記の要領で開催します。
皆様のご参加をお待ちしております。
(重複して受け取られた場合は、ご容赦ください)

   記

第五回電子状態シンポジウム
http://www.chem.waseda.ac.jp/nakai/symposium.html

日時:2018年10月31日(水)
会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館1階 大会議室
主催:プロジェクト 計算化学の社会実装
共催:早稲田大学理工学術院総合研究所
講演者:高 王己(慶応大学)、杉崎 研司(大阪市立大学)、
    田中 宗(早稲田大学)、松浦 俊司(1QBit) (五十音順、敬称略)

テーマ:量子コンピュータの開発と化学を中心とした応用展開

ポスター発表も募集しております。
会場の関係上ポスター発表には限りがございます。発表希望の方はお早めに
ご登録ください。
また、当日は懇親会も開催いたします。多数のご参加をお待ちしております。

■■問合せ先■■
第5回電子状態シンポジウム運営委員会
E-mail: EST-symposium[at]list.waseda.jp([at]を@に変えて下さい)


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************
弊社は真空機器の専門商社です。幅広い商品知識を持って御対応致します。
株式会社アイリン真空 http://www.ailin-va.com/
Mail:info@ailin-va.com TEL:052-401-2061(本社)048-769-7011(関東/営)
*********************************************************************

[分子科学会速報18-105] 分子研研究会「Water at interfaces」

*********************************************************************
[分子科学会速報18-105]  分子研研究会「Water at interfaces」
*********************************************************************

速報発信者:大西洋(神戸大学)


分子研研究会「Water at interfaces」

分子研研究会「Water at interfaces」
2019年1月15日9時から17日午前まで
岡崎コンファレンスセンター
世話人:Yuki Nagata (Max Planck Institut)・Toshiki Sugimoto (IMS)・
Hiroshi Onishi (Kobe U)

IMS Symposium, Water at interfaces
Jan. 15-17, 2019
Okazaki Conference Center
Organizers: Yuki Nagata (Max Planck Institut)・Toshiki Sugimoto (IMS)
・Hiroshi Onishi (Kobe U)

開催趣旨:水または氷が関与する界面の分子論的理解は年々進歩している。
これらの成果を実験分野から理論分野にわたる研究者が共有し、近未来に実
施しうる共同研究を組織する場を提供する。さらに、より長いスパンで水と
氷の界面研究が開拓すべき方向について意見交換したい。

来日経験の豊富な方から初めて来日する方まで、できるだけ多くの海外研究
者に講演いただくように招聘を進めています。みなさまのご来聴とご発表を
歓迎いたします。参加費は無料で懇親会(1月15日夕方)のみ有料です。

来聴希望の方:当日の飛び込み来聴も歓迎いたしますが、12月末までにYuki 
Nagata(nagata@mpip-mainz.mpg.de)へ連絡いただくとありがたいです。

口頭発表希望の方:20分講演のスロットをいくつか空けております。発表希
望の方は10月末までにYuki Nagataへご連絡ください。希望多数の場合の採否
は世話人に一任いただきます。

ポスター発表希望の方:発表希望の方は10月末までにYuki Nagataへご連絡く
ださい。Water at interfacesに少しでも関係する内容であれば発表を歓迎い
たします。「関係するかな?」と迷ったらぜひご発表ください。

学生参加者への経費支援:1月15日9時から17日午前まで全日程に参加し、か
つポスター発表いただくことを要件として岡崎滞在費(分子研ロッジ1月14日
から3泊)と往復旅費を支援する用意があります。希望者はポスター発表申込
の際に申告ください。原則として先着順で受け付けます。希望者多数の場合
は旅費については部分支援となることをご承知ください。

Tentative list of speakers
Shinji Saito (IMS)・Tetsuya Hama (Hokkaido U)
Manabu Shiraiwa (UC Irvine)・Patrick Ayotte(Universite de Sherbrooke)
Shinichi Enami (National Institute for Environmental Studies)
Mischa Bonn (Max Planck Institut)・Toshiki Sugimoto (IMS)
Chuanshan Tian (Fudan U)・Shoichi Yamaguchi (Saitama U)
Satoshi Nohonyanagi (RIKEN)・Tomoko Shimizu (Keio U)
Ying Jiang (Peking U) ・Thomas Kuehne (Paderborn U)
Nico van der Vegt (Darmstadt U)・Akihiro Morita (Tohoku U)
Adam Foster (Aalto U)・Q. Sun (Nanyang Technological U)
Yoshihisa Harada (Tokyo U)・Heon Kang (Souel U)
Kramer Campen (Fritz Haber Institut)・Michele Ceriotti (EPFL)

Some slots for 20-min talks and posters are open.  Contact to Yuki 
Nagata (nagata@mpip-mainz.mpg.de) for presentation details by October
31. Travel support for student poster presenters is available.


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************
革新的なピコ秒過渡吸収分光システム picoTAS の販売を開始
お問い合わせは(株)ユニソク 分光事業部まで
URL:http://www.unisoku.co.jp/ E-mail:info@unisoku.co.jp
*********************************************************************

[分子科学会速報18-104] 広島大学 教授公募のお知らせ

*********************************************************************
[分子科学会速報18-104]  広島大学 教授公募のお知らせ
*********************************************************************

速報発信者:江幡孝之(広島大学)


広島大学 教授公募のお知らせ

広島大学 教授公募

広島大学学術院(大学院理学研究科 化学専攻分子構造化学講座)では、下記
の要領で教授1名を公募いたします。

詳細は、以下のURLをご覧ください。
公募のURL:http://hiroshima-u.jp/employment/kyoinkobo/sci

1.【専門分野】 分子集合体や機能性分子の構造や機能に関する物理化学
2.【職務内容】 大学院・学部(1年次化学を含む)の講義・演習・学生実
験,ならびに,研究教育指導を担当。この他,教養教育科目や他の学部・大
学院の専門教育科目,全学事業も担当することがあります。
3.【着任時期】 平成31年 4月 1日
4.【任期】 任期なし
5.【応募締切】平成30年 11月 9 日(金) 17:00(日本標準時)(必着)
6.【応募資格】
(1)博士の学位(外国において授与されたこれに相当する学位を含む。)を有
すること。
(2)博士課程後期の論文指導を担当できること。
(3)英語による教育・研究指導ができること。
7.【応募書類】
(1)履歴書(市販用紙を使用,写真貼付)過去5年間に広島大学で雇用(TA,
RA,研究員等を含む)されたことがある場合は,漏らさず記載してください
(2)研究業績一覧(各研究業績に番号を付け,審査付論文の番号にはアンダー
ライン,被引用数付記,主要研究業績10点には番号の冒頭に*印を付ける
こと。)
(3)主要な研究業績10点(別刷又はコピー,著書)
(4)特許等とその内容
(5)教育上の主要な業績
(6)社会貢献に関わる主要な業績
(7)大学等における管理運営に関わる主要な実績
(8)最近5年間における外部資金の獲得状況
(9)これまでの研究概要ならびに着任後の研究・教育に対する抱負と計画(3,
000~5,000 字)
(10)本人の業績についての照会先(2名)の氏名と推薦状 (A4 用紙2 頁以内
で様式自由。必ず推薦者の署名を入れること。)
8.【応募書類送付先】
〒739-8526 広島県東広島市鏡山1-3-1
広島大学大学院理学研究科化学専攻長 石坂 昌司
※封筒の表に「大学院理学研究科化学専攻分子構造化学講座教員応募書類在
中」と朱書し,書留郵便で送付してください。
9.【選考方法】
(1)書類審査
(2)必要に応じて面接を行います。面接を行う場合は,原則として,英語によ
る模擬授業を行います。ただし,交通費等は支給できませんので,あらかじ
め御了承ください。なお,書類審査通過者に面接を行う場合は,その形式に
ついて,別途連絡します。
(3)広島大学は,男女共同参画を推進しています。本学は,「男女共同参画社
会基本法」の趣旨に則り,業績(研究業績,教育業績,社会貢献等)及び人
物の評価において同等と認められた場合は女性を採用します。
10.【問い合わせ先】  
〒739-8526 広島県東広島市鏡山1-3-1
広島大学大学院理学研究科化学専攻長 石坂 昌司
TEL & FAX:082-424-7424
e-mail:ishizaka@hiroshima-u.ac.jp


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************
HPC、機械学習向けLinuxクラスタの販売・サポート
HPCテクノロジーズ株式会社
https://www.hpc-technologies.co.jp  Tel:03-6410-6070
*********************************************************************

[分子科学会速報18-103] 東京工業大学 准教授公募

*********************************************************************
[分子科学会速報18-103]  東京工業大学 准教授公募
*********************************************************************

速報発信者:大島康裕(東京工業大学理学院)


東京工業大学 准教授公募

東京工業大学 准教授公募のお知らせ

東京工業大学理学院化学系では、下記要領で准教授1名を公募いたします。

詳細は
http://www.chemistry.titech.ac.jp/files/koubo20180829-ri_j.pdf
をご覧下さい。

              記
1.専門分野:物理化学。分子や分子集合体のダイナミックスに関して,
先端的な光科学技術もしくは理論計算科学手法を用いて独自の研究領域を
開拓することに意欲のある方。
2.職務内容:大学院・学部(1年次化学を含む)の講義・演習・学生実
験,ならびに,研究教育指導を担当。
3.着任予定:平成31年4月1日以降,できるだけ早い時期
4.任期:任期無し(東京工業大学の定年は65歳)
5.応募締切:平成30年11月30日(金)必着
6.応募書類:
(1) 略歴調書(連絡先,高卒以上の学歴,職歴,受賞歴,等を記載)
(2) 業績調書:学術論文・国際会議要録(査読有),著書・総説・解説,
 国際会議報告(基調講演や招待講演は明記),特許,等に分類。
 学術論文・国際会議要録の被引用数と,それらをまとめたh指数
 (h-Index)を,使用したデータベース名とともに付記。
(3) 主要原著論文(5編以内)
(4) 競争的研究資金ならびに外部研究資金の獲得実績
(科学研究費補助金,受託研究費,その他の競争的資金に分類/代表・
 分担を明記のこと)
(5) これまでの研究概要ならびに今後の研究構想(A4用紙5枚以内)
(6) 教育に対する抱負(A4用紙1枚程度)
(7) 社会活動(学会活動における役職を含む)に関する実績
(8) 参考意見を伺える方(2名)の氏名,所属,および連絡先
7.書類提出方法:提出書類は印刷版(1部)に加えて,電子データ
(PDF)をUSBメモリに入れて,封筒に「化学系准教授応募書類在中」と
朱書きした上,簡易書留等の差出し記録の残る方法で送付して下さい。
Email等での受け付けはしておりません。
8.書類送付先:〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1 H-58
東京工業大学理学院化学系事務室
9.問い合わせ先:理学院化学系 大島康裕
 E-mail: ohshima@chem.titech.ac.jp 電話: 03-5734-2899
10.その他:
(1) 応募書類等の返却はいたしません。応募書類に含まれる個人情報は国立
大学法人東京工業大学の定めに従い,本人事選考にのみ使用し,他の目的に
は一切使用しません。
(2) 東京工業大学では,多彩な人材を確保し,大学力・組織力を高めるため
全ての研究分野において外国人や女性の参画する均等な機会を確保します。
(3) スタートアップの為の資金について学内支援制度があり,その制度を利
用できる可能性があります。
(4) 書類選考の後に,面接,英語による公開授業等をお願いする場合があり
ます。


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
http://www.molsci.jp/index.html
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
http://www.molsci.jp/bulletin.html
*********************************************************************
高速・高分解能MCAとSDDX線検出器用アンプは、お任せください。
(株)ラボラトリ・イクイップメント・コーポレーション http://www.labo-eq.co.jp
Mail:sales@labo-eq.co.jp  Tel:029-850-3333
*********************************************************************

[分子科学会速報18-102] 福井謙一奨励賞(第3回) 公募のご案内

*********************************************************************
[分子科学会速報18-102]  福井謙一奨励賞(第3回) 公募のご案内
*********************************************************************

速報発信者:西本佳央(京都大学)


福井謙一奨励賞(第3回) 公募のご案内

京都大学福井謙一記念研究センターの西本佳央と申します。
重複して受信されました場合は、どうぞご容赦ください。

当センターでは、現在「福井謙一奨励賞(第3回)」の候補者を
公募しております(締め切り:2018年10月31日)。
応募条件は、大学・研究機関等に所属する満32歳以下(2018年4月1日現在、
大学院生含む)で、基礎化学・理論化学の分野で顕著な研究業績を挙げた
研究者となっております。
募集要項及び応募調書は、次のホームページをご参照ください。

福井謙一奨励賞(第3回)募集(2018年10月31日締切)
自薦・他薦共に受け付けております。 若手研究者の方々は、ふるって応募くださるよう、 よろしくお願い申し上げます。 西本 佳央 ********************************************************************* 分子科学会速報 発行:分子科学会 http://www.molsci.jp/index.html 速報投稿規程等は下記をご覧下さい。 http://www.molsci.jp/bulletin.html ********************************************************************* 大学院生募集中 分子科学研究所/総合研究大学院大学 https://www.ims.ac.jp/ Mail:r7139@orion.ac.jp Tel:0564-55-7139 *********************************************************************