[分子科学会速報24-052] 京都大学理学研究科の助教(女性限定)公募


*********************************************************************
[分子科学会速報24-052] 京都大学理学研究科の助教(女性限定)公募
*********************************************************************

速報発信者:水野操(京都大学)


京都大学理学研究科の助教(女性限定)公募

京都大学理学研究科附属サイエンス連携探索センター(SACRA)の
助教(女性限定)の公募

京都大学理学研究科附属サイエンス連携探索センター(SACRA)では、「数理を
基盤として新分野の自発的創出を促す理学教育プログラム(MACS)」を推進す
るために数学、物理学・宇宙物理学、地球惑星科学、化学、生物科学のいず
れかに関わる分野の研究を進める教員1名(助教,女性限定)の公募を開始
しました。積極的なご応募および適任者へのご紹介をお願いいたします。

所属:京都大学大学院理学研究科附属サイエンス連携探索センター(SACRA)
詳しくは https://www.sci.kyoto-u.ac.jp/ja/divisions/sacraをご覧くださ
い

募集人員:助教1名(女性限定)

専門分野:数学、物理学・宇宙物理学、地球惑星科学、化学、生物科学のい
ずれかに関わる分野

着任時期:2024年11月1日から2025年4月1日までの間のできる限り早い時期
(要相談)

任期:5年(再任なし) ただし、採用後に育児休業や介護休業を取得した場
合、休業した期間に応じた任期の延長を認めます

応募締切:2024年7月26日(金)23時59分(日本標準時 JST)までに
JREC-IN Portalサイトへのアップロードを完了すること

問合せ先:京都大学大学院理学研究科SACRA学際融合部門長
佐々 真一
TEL:075-753-3743
Email:sasa*scphys.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)

*公募の詳細は下記URLよりご確認ください。
https://sci.kyoto-u.ac.jp/ja/news-312

*SACRA MACSプログラム 
https://www.sci.kyoto-u.ac.jp/ja/academics/programs/macs


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
https://www.molsci.jp/
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
https://www.molsci.jp/activities/bulletin/regulation/
*********************************************************************
HPC、機械学習向けLinuxクラスタの販売・サポート
HPCテクノロジーズ株式会社
https://www.hpc-technologies.co.jp Tel:03-6410-6070
*********************************************************************

[分子科学会速報24-050] 量子化学探索研究所研究助成(一般)の募集


*********************************************************************
[分子科学会速報24-050] 量子化学探索研究所研究助成(一般)の募集
*********************************************************************

速報発信者:河野裕彦(東北大学)


量子化学探索研究所研究助成(一般)の募集

量子化学探索研究所では、量子化学に基づいて未知の化学を探索する研究に
従事する研究者に助成を行っております。令和6年度研究助成事業として、
下記のように研究助成(一般)を募集いたします。奮ってご応募下さい。

令和6年度 量子化学探索研究所 研究助成(一般)募集

応募資格:個人または少人数のグループ。応募する研究者が研究計画の推進
に責任を持ち助成金の管理及び助成期間満了後の報告を確実に行えること。
助成の対象となる費用:研究に直接必要な経費。ただし、事務機器購入費、
応募者所属組織の間接経費・管理費・共通経費は対象外。
助成金:1件当たりの助成額上限120万円。
助成件数:上限6件。
助成期間:2024年10月からの24箇月。
募集締切:2024年7月26日(金)必着

選考方法、応募手順、助成対象者の義務などの詳細については、下記のホー
ムページの「公募情報」をご覧ください。
https://iqce.jp/
連絡先:  TEL: 03-5446-5537    E-mail: office_iqce@iqce.jp


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
https://www.molsci.jp/
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
https://www.molsci.jp/activities/bulletin/regulation/
*********************************************************************
大学院生募集中
分子科学研究所/総合研究大学院大学 https://www.ims.ac.jp/
Mail:r7139@orion.ac.jp Tel:0564-55-7139
*********************************************************************

[分子科学会速報24-049] ルンド大学での博士学生の募集について


*********************************************************************
[分子科学会速報24-049] ルンド大学での博士学生の募集について
*********************************************************************

速報発信者:櫻井敦教(自然科学研究機構 分子科学研究所)


ルンド大学での博士学生の募集について

ルンド大学の Donatas Zigmantas 教授のグループで博士課程の学生を募集し
ておりますので、その案内を転送させていただきます。
Zigmantas 教授は超高速分光の分野で卓越した研究を展開されている研究者
です。
https://scholar.google.com/citations?user=2JpCfkgu4dcC&hl=en

今回の募集では、超高速分光と顕微鏡技術を組み合わせた研究に携わる学生
を募集しています。
https://lu.varbi.com/en/what:job/jobID:644768/
https://drive.google.com/file/d/1ddFXQsM2ja0YOJxTgBOJ14xYOXiyzmge/view

なお、本プログラムでは、スウェーデンで4年間の生活を送るのに十分な給与
も支給されます。
募集の締め切り(6/24)まであまり余裕がございませんが、ご興味のありそ
うな学生の方へ、本メール内容をお知らせいただけますと幸いです。

--------------------

Dear all,

I would like to draw your attention to a PhD position available from
September, 2024 at the Division of Chemical Physics, Lund University,
in the group of Donatas Zigmantas. The project aims at studying fund
amental photophysical properties of DNA-templated silver nanoclusters
, using time-resolved spectroscopy and microscopy techniques. These n
anoclusters feature fascinating properties, including strong absorpti
on and intense emission, which can be readily tuned by changing the D
NA sequence. This makes them suitable for a wide range of application
s from biosensing to nanophotonics. The project is carried out in col
laboration with the synthesis group of Prof. Tom Vosch at the Univers
ity of Copenhagen. The contribution of the candidate will be the eluc
idation of the photophysical properties, including electronic structu
re and dynamics of these cluster and their dependence on the DNA stru
cture. The gained knowledge should enable rational design criteria fo
r further improvements of DNA-templated silver nanoclusters for targe
ted applications. To carry out the studies we are equipped with the a
dvanced multidimensional spectroscopy and microscopy tools.

Besides the high quality of life afforded in Sweden, the position off
ers the possibility to work in the diverse and stimulating interdisci
plinary environment at the Division of Chemical Physics, Lund Univers
ity. The successful candidate should preferably have a background in
physical chemistry, or molecular physics or laser spectroscopy. The f
ull announcement of the position can be found at
https://lu.varbi.com/en/what:job/jobID:644768/

For inquiries, please contact:
Prof. Donatas Zigmantas donatas.zigmantas@chemphys.lu.lse
Head of Chemical Physics, tel.: +46 46 2224739
Lund University https://www.chemphys.lu.se/


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
https://www.molsci.jp/
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
https://www.molsci.jp/activities/bulletin/regulation/
*********************************************************************
最先端の理化学用レーザーから汎用性の高い光関連装置まで。
おかげさまで50周年 (株)日本レーザー www.japanlaser.co.jp/
MAIL:jlc@japanlaser.co.jp TEL:03-5285-0861
*********************************************************************

[分子科学会速報24-048] スピン生命フロンティアセミナー


*********************************************************************
[分子科学会速報24-048] スピン生命フロンティアセミナー
*********************************************************************

速報発信者:中村敏和(自然科学研究機構 分子科学研究所)


スピン生命フロンティアセミナー

「スピン生命フロンティア (Spin-L)」主催セミナーを7月23日(火)に開催
します。

開催日時:7月23日(火)16:00〜17:30頃
講師  :兵藤 文紀 先生(岐阜大学医学系研究科 薬理病態学分野)
開催形式:分子研研究棟201室 + オンラインのハイブリッド
詳細  :https://www.ims.ac.jp/research/seminar/2024/07/23_6337.html
(講演後に分子研研究棟202室にてミキサーを予定しております。)

講演タイトル: 新たな超核偏極MRIの開発とトランスレーショナル研究
要旨:MRIの感度を増幅する超核偏極法は、MRIの弱点であった感度を克服す
ることでMRIによる新たな機能・代謝イメージングに基づく画像診断への応用
が期待されている。それ故、超核偏極材料に基づく化学的な超偏極法(chemi
cally induced dynamic nuclear polarization :CIDNP)や、パラ水素を用い
た方法(Parahydrogen induced polarization :PHIP)、さらには、129Xeガ
スを用いた方法など、様々な超偏極技術が開発されている。その中でも溶液
中で電子スピン(ラジカル)分子と核スピンの相互作用を利用する動的核偏
極(DNP)法は、医療用超偏極装置(SpinLab)が開発されるなど医学的な応
用が進んでいる。DNP法には、13C等の核スピンを持つ分子を偏極装置内でDNP
を惹起した後、緩衝液で急速溶解して機能プローブとして生体に投与してリ
アルタイムな代謝反応を可視化するdissolution DNP-MRI法と、生体内に機能
性を持つ電子スピンを予め投与して、実験動物の体内でDNPを惹起するin viv
o DNP法がある。我々は、これらの2種類のDNP技術を用いて、がん代謝に基づ
く早期診断・治療効果判別法や、酸化還元(レドックス)代謝に基づく疾患
の超早期診断技術の開発を行ってきた。特にin vivo DNP法では、産学連携研
究において、オールジャパン体制での装置開発およびProof of Conceptを取
得するための疾患モデル動物(マウスおよびブタ)を用いた応用研究、さら
には臨床サンプルを用いた実証研究を推進している。本セミナーではこれら
の最近の進捗を紹介したい。

皆様のご参加をお待ちしております。

【Spin-Lについて】Spin-Lは、文部科学省 共同利用・共同研究システム形成
事業「学際領域展開ハブ形成プログラム」に採択された事業です。生理研・
分子研・ExCELLSが中核となり、京大 化研、阪大 蛋白研、新潟大 脳研、量
研機構 量生研と連携して、共同利用・共同研究のネットワークを強化します
。学際豊かな研究機関、研究者、技術者が共に研究を進め、分子科学・生命
科学・生理科学の融合から、新たな学術領域「スピン生命科学」を創成する
ことを目指しています。


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
https://www.molsci.jp/
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
https://www.molsci.jp/activities/bulletin/regulation/
*********************************************************************
Ocean Insightの小型で低価格な分光器
デモ機貸出しも可能。お問い合わせは↓
オーシャンフォトニクス株式会社 http://www.oceanphotonics.com
*********************************************************************

[分子科学会速報24-047] 2024年度 産業応用のための基礎化学講座


*********************************************************************
[分子科学会速報24-047] 2024年度 産業応用のための基礎化学講座
*********************************************************************

速報発信者:春田直毅(京都大学福井謙一記念研究センター)


2024年度 産業応用のための基礎化学講座

京都大学福井謙一記念研究センターの春田直毅と申します。
重複して受信されました場合は、どうぞご容赦ください。

「応用をやるには、基礎をやれ」 福井謙一博士が“終生の師”と呼び化学
の道に進むきっかけを作られた喜多源逸博士の言葉です。 喜多博士は本学
化学系における基礎重視の学風を築かれた方でもあります。2018年の福井
博士生誕百年をきっかけとして、喜多博士に源を発するこの伝統を再認識
し、産業で研究開発を行っておられる技術者・研究者の方を対象とした
「産業応用のための基礎化学講座」を2019年度より開講しております。

本年度は、量子センサ、セルロース、マイクロリアクタ、AI力場、
らせん高分子、凝縮系の理論化学といった最先端化学を理解するための
基礎概念や実験的手法の原理等を習得する全6回の講座内容となっています。
各回、懇親会も予定しております。 ぜひ、ご参加ください。

------------------------------------------------------
2024年度 産業応用のための基礎化学講座

<対象>
企業において研究開発に携わっておられる方

<期間>
2024年6月-2025年1月 全6回12コマ(1コマ90分)

<受講料>
全6回 8,700円(税込) 懇親会会費は別途徴収
お支払い後のご返金は致しかねますので、あらかじめご了承ください。
定員になり次第、締め切らせていただきます。

<主催・共催>
主催 京都大学福井謙一記念研究センター
共催 公益社団法人日本化学会

<会場>
京都大学福井謙一記念研究センター 3F 大会議室 / ハイフレックス(Zoom)
各回、オンライン(Zoom)でも受講いただけます。
オンラインでご参加される回については、その都度、URLをお知らせします。

最新の情報ならびにWEB申込につきましては、以下のURLをご参照ください。
https://www.fukui.kyoto-u.ac.jp/openlec2024.html

<講座内容>
第1回 2024年6月26日(水)
水落 憲和(京都大学化学研究所 教授)
ダイヤモンドを用いた高感度量子センサ
13:30-16:45 講義(2コマ)
17:00-18:00 懇親会

第2回 2024年7月31日(水)
上高原 浩(京都大学大学院農学研究科 教授)
セルロース誘導体の合成と構造-物性-機能相関
13:30-16:45 講義(2コマ)
17:00-18:00 懇親会

第3回 2024年10月16日(水)
外輪 健一郎(京都大学大学院工学研究科 教授)
マイクロリアクタの理論と展開
13:30-16:45 講義(2コマ)
17:00-18:00 懇親会

第4回 2024年11月29日(金)
大場 優生(ENEOS株式会社)
AI力場が切り拓く材料設計の最前線:Matlantisの紹介と事例
13:30-16:45 講義・実習(1コマずつ)
17:00-18:00 懇親会

第5回 2024年12月18日(水)
杉野目 道紀(京都大学大学院工学研究科 教授)
動的らせん高分子の機能開拓
13:30-16:45 講義(2コマ)
17:00-18:00 懇親会

第6回 2025年1月29日(水)
佐藤 啓文(京都大学大学院工学研究科 教授)
凝縮系の分子理論化学
13:30-16:45 講義(2コマ)
17:00-18:00 懇親会
------------------------------------------------------


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
https://www.molsci.jp/
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
https://www.molsci.jp/activities/bulletin/regulation/
*********************************************************************
PCから水冷静音/高密度サーバ/GPUまで、HPC製品開発メーカー
リアルコンピューティング株式会社 http://www.realcomputing.jp/
E-Mail;sales@realcomputing.jp Tel;03-5621-7211
*********************************************************************

[分子科学会速報24-046] 早稲田大学 化学・生命化学科 教員公募


*********************************************************************
[分子科学会速報24-046] 早稲田大学 化学・生命化学科 教員公募
*********************************************************************

速報発信者:中井浩巳(早稲田大学)


早稲田大学 化学・生命化学科 教員公募

早稲田大学 先進理工学部 化学・生命化学科では、
下記の通り教員を1名公募いたします。
積極的なご応募およびご興味のありそうな方への周知をお願いします。

募集:常勤(任期の定めなし)教授、准教授、専任講師
または常勤(テニュアトラック)教授、准教授、講師のいずれか1名
専門分野:物理化学
応募締切:2024 年 7 月 14 日(日) 日本時間23時必着
問い合わせ先:
早稲田大学 先進理工学部 化学・生命化学科
学科主任 中井 浩巳
E-mail: nakai@waseda.jp

詳細は以下をご覧ください。
https://www.waseda.jp/fsci/assets/uploads/2024/05/7f9f2523f2384214c257e09a6ce42437.pdf

よろしくお願いいたします。

早稲田大学 中井 浩巳


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
https://www.molsci.jp/
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
https://www.molsci.jp/activities/bulletin/regulation/
*********************************************************************
+++ Leading Innovations; FT-IR, FT-NIR and Raman +++
    ブルカージャパン株式会社 オプティクス事業部
      >>> marketing.bopt.jp@bruker.com
********************************************************************

[分子科学会速報24-045] 分子科学討論会・賞応募について御注意


*********************************************************************
[分子科学会速報24-045] 分子科学討論会・賞応募について御注意
*********************************************************************

速報発信者:鈴木俊法(京都大学)


分子科学討論会・賞応募について御注意

分子科学討論会の優秀講演賞・優秀ポスター賞に応募する方は、
5月27日の応募締め切り日までに、分子科学会への入会手続きが
必要です。
応募される方(特に新しい学生の方)は、お急ぎください。
下記ご参照願います。

https://www.molsci.jp/2024/award.html
https://www.molsci.jp/admission/

分子科学討論会実行委員会


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
https://www.molsci.jp/
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
https://www.molsci.jp/activities/bulletin/regulation/
*********************************************************************
弊社は真空機器の専門商社です。幅広い商品知識を持って御対応致します。
株式会社アイリン真空 http://www.ailin-va.com/
Mail:info@ailin-va.com TEL:052-401-2061(本社)048-769-7011(関東/営)
*********************************************************************

[分子科学会速報24-044] 公開シンポ「博士人材のキャリアパス」


*********************************************************************
[分子科学会速報24-044] 公開シンポ「博士人材のキャリアパス」
*********************************************************************

速報発信者:岡本裕巳(自然科学研究機構 分子科学研究所)


公開シンポ「博士人材のキャリアパス」

公開シンポジウム「博士人材のキャリアパス多様化を加速する」
  のお知らせ

分子科学研究所において,下記の公開シンポジウムを開催いたします。
ご興味のある方は,ぜひご参加ください。これは所長招聘会議として,
日本学術会議化学委員会,日本化学会との共催として,例年実施して
いるものの一環です。
詳細については,下記のホームページを御覧ください。
https://www.ims.ac.jp/research/seminar/2024/05/10_6261.html
https://www.scj.go.jp/ja/event/2024/366-s-0611.html


分子研所長招聘会議・公開シンポジウム
「博士人材のキャリアパス多様化を加速する」

日 時
2024年06月11日(火) 13:10 より 17:10 まで

場 所
分子科学研究所(明大寺地区)
研究棟201号室(ハイブリッド開催)

主 催
日本学術会議 化学委員会・化学企画分科会
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 分子科学研究所
公益社団法人 日本化学会 戦略企画委員会

概 要(抄)
本会議は,日本学術会議化学委員会・化学企画分科会,分子科学研究所,
及び日本化学会戦略企画委員会の合同開催会議として毎年開催し,化学分
野における様々な重要課題を取り上げて議論し提言,見解等を発出してき
た。今回は,博士人材のキャリアパスについて,広い観点から議論する。
現在我が国において,少なくとも化学系のメーカー企業では,博士(後
期)課程修了者の採用に積極的になってきているにも関わらず,博士課程
進学者が増加しない(むしろ減少傾向)という現状がある。今回,分子科
学研究所所長招聘会議(日本学術会議化学委員会,日本化学会との共同開
催)では,この問題を取り上げ,特に学位取得後のキャリアパス等に関し
て,化学分野の関係者ばかりではなく,なるべく広い視点から議論する場
を設定する。本会議は,単に化学,サイエンスに関わる議論をするもので
はなく,様々な立場の方々を巻き込んで,我が国の科学の振興にうねりを
作ることのできる場を創ることを目指す。

プログラム
司会  山本 浩史(日本学術会議連携会員,分子科学研究所教授)
13:10
挨拶
渡辺 芳人(日本学術会議連携会員,分子科学研究所所長)
13:25
化学委員会報告及び趣旨説明
岡本 裕巳(日本学術会議第三部会員,分子科学研究所教授)
13:40
見解「日本の社会・産業をリードする化学系博士人材の育成支援と環境
   整備」の概要説明
関根 千津(日本学術会議連携会員,株式会社住化技術情報センター
   代表取締役社長)
14:00
講演「博士人材の活躍促進に向けて」
高見 暁子(文部科学省 科学技術・学術政策局 人材政策課 人材政策
   推進室長)
14:40  休憩
15:00
講演「博士人材の持つ能力とは? 〜「研究者」像のズレに関する一考察〜」
高橋 真木子(金沢工業大学大学院 イノベーションマネジメント研究科
   教授)
15:30
講演「旭化成における博士人財の活躍に関して 〜「技術者」,「採
用
   担当者」の目線から〜 」
時丸 祐輝(旭化成株式会社 人事部 人財採用室係長)
16:00
講演「富士通における高度人材の採用・キャリア・働き方」
岡本 青史(富士通株式会社 執行役員 EVP富士通研究所長)
16:30
総合討論
(司会)関根 千津(日本学術会議連携会員,株式会社住化技術情報
       センター代表取締役社長)
17:10  閉会

申込方法
参加を希望される方は下記URLより必要事項をご記入ください。
申込先URL
https://registration.ims.ac.jp/shohei2024/
締め切り
現地参加:2024年6月4日(火)
オンライン参加:2024年6月7日(金)


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
https://www.molsci.jp/
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
https://www.molsci.jp/activities/bulletin/regulation/
*********************************************************************
革新的なピコ秒過渡吸収分光システム picoTAS の販売を開始
お問い合わせは(株)ユニソク 分光事業部まで
URL:http://www.unisoku.co.jp/ E-mail:info@unisoku.co.jp
*********************************************************************

[分子科学会速報24-043] 熊本大学大学院先端科学研究部 准教授公募


*********************************************************************
[分子科学会速報24-043] 熊本大学大学院先端科学研究部 准教授公募
*********************************************************************

速報発信者:松田真生(熊本大学)


熊本大学大学院先端科学研究部 准教授公募

熊本大学大学院先端科学研究部(理学系)では、化学分野の准教授を以下の
通り公募いたします。
適任者へのご紹介を宜しくお願いいたします。

1. 募集職名・人員:准教授1名

2. 所属:熊本大学大学院先端科学研究部基礎科学部門化学分野

3. 専門分野:物理化学
特に、固体化学または機能性材料の開発と評価に関する新たな研究領域を開
拓し得る方

4. 担当科目
博士前期・後期課程における専門分野の講義・演習・研究指導、理学部にお
ける量子化学・熱力学・固体化学をはじめとする物理化学の講義や演習・学
生実験、基礎化学に関連する全学教養教育科目など。

5. 着任時期:令和7年2月1日以降、採用決定後できるだけ早い時期

6. 応募資格
(1)博士あるいはPh.Dの学位を有する方
(2)優れた研究業績を有する方
(3)学部及び大学院における教育・研究並びに大学運営に対して熱意を有
する方
(4)学内外における諸業務の遂行が可能な日本語能力を有する方(例えば
、JLPT N3レベル以上)

7. 締切:令和6年7月16日(火)必着

8. 問い合わせ先
熊本大学大学院先端科学研究部基礎科学部門化学分野長 入江 亮
電話:096-342-3379、E-mail: irie@kumamoto-u.ac.jp


提出書類や労働条件などの詳細は以下をご覧ください。
https://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/saiyou/index_file/koubo1091.pdf
https://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/saiyou/index_file/koubo1091_en.pdf


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
https://www.molsci.jp/
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
https://www.molsci.jp/activities/bulletin/regulation/
*********************************************************************
HPC、機械学習向けLinuxクラスタの販売・サポート
HPCテクノロジーズ株式会社
https://www.hpc-technologies.co.jp Tel:03-6410-6070
*********************************************************************

[分子科学会速報24-042] 【教員公募情報】富山大学助教(物理化学)


*********************************************************************
[分子科学会速報24-042] 【教員公募情報】富山大学助教(物理化学)
*********************************************************************

速報発信者:岩村宗高(富山大学)


【教員公募情報】富山大学助教(物理化学)

富山大学では、以下の通り物理化学分野の助教の公募を行っております。
締切りは8/23となっています。関連分野でお知り合いの方へご紹介いただけ
ますと幸いです。

■国立大学法人富山大学学術研究部 理学系 助教公募概要

1. 募集人員 助教1名(任期 5年再任可)
2. 所 属 学術研究部理学系(理学部理学科(化学プログラム))
3. 専門分野 物理化学(特に光触媒や発光材料などにおける光反応ダイナミ
クスの解析と新機能開拓)
4. 採用予定年月日 令和6年10月1日以降のできるだけ早い時期
5. 応募資格
(1) 着任時までに博士または Ph.D.の学位を有すること。
(2) 当該専門分野における研究業績があり,大学院修士課程及び博士課程に
おける教育・研究指導もしくは研究指導補助ができること。
(3) 科学研究費補助金等外部資金の獲得に意欲があること。
(4) 研究および教育に情熱をもって当たる意志があること。
(5) 他の教員と共働し,学部運営,教室運営に携わることができること。
(6) 地域貢献活動,高大連携事業などの全学的取り組みに積極的に寄与出来
ること。
(7) 英語で授業ができることが望ましい。
(8) 入試(化学)の作問、点検、採点等に寄与できること。
6. 提出書類
(1)(様式 1)履歴書(高等学校卒業後の学歴,職歴,学会および社会におけ
る活動等,写真貼付,また,入試委員等,管理運営の経験の有無について記
載すること。 連絡先に E-mail アドレスを記入);1部
(2)(様式 2)研究業績等一覧(査読のある原著論文・査読なし論文などその
他の論文・著書・総説を含む研究業績リスト,特許,受賞歴,招待講演等)
;1 部
(3)(様式 3)科学研究費獲得状況一覧・外部資金等(科学研究費を除く)獲
得状況一覧;1 部
(4) 主要論文の別刷(5編以内,コピー可);各 1 部
(5) 現在までの研究業績の概要と今後の研究計画(A4 用紙 3 枚程度);1
部
(6) 教育に関する実績および抱負(A4 用紙 1 枚程度);1部
(7) 本人に関して意見を求めることができる方2名の氏名とその連絡先及び
E mail アドレス
  * 郵送による応募の場合は,提出書類(1)~(7) の PDF ファイルを CD-R
OM または USB メモリに保存したものも同封して送付して下さい。
  * 提出いただいた書類に含まれる個人情報は選考以外の目的には使用し
ません。
  * 提出いただいたものは返却しません。
7. 応募締切日 令和6年8月23日(金)午後5時 (必着)
 ※応募状況によっては,応募締切日を延長する場合があります。
8. 応募方法 郵送または JREC-IN Portal の「Web 応募」機能からも応募い
ただけます。
 ※JREC-IN Portal Web 応募の場合は,必要書類を 1 つの PDF ファイル
にまとめ てアップロードしてください。
9. 郵送の場合の書類送付先および問い合わせ先
〒930-8555 富山市五福 3190
国立大学法人富山大学 学術研究部 理学系
(理学部理学科 化学プログラム長) 柘植 清志
℡ 076-445-6608 E-mail tsuge[at]sci.u-toyama.ac.jp ※[at]は@に置き換
えください。
  ※ 封筒に「教員応募書類在中(化学)」と朱書きし,簡易書留にて郵送
してください。

■公募内容の詳細、応募書類提出先は下記URL参照。
https://www.u-toyama.ac.jp/outline/other-info/employ/


*********************************************************************
分子科学会速報
発行:分子科学会
https://www.molsci.jp/
速報投稿規程等は下記をご覧下さい。
https://www.molsci.jp/activities/bulletin/regulation/
*********************************************************************
高速・高分解能MCAとSDDX線検出器用アンプは、お任せください。
(株)ラボラトリ・イクイップメント・コーポレーション http://www.labo-eq.co.jp
Mail:sales@labo-eq.co.jp  Tel:029-850-3333
*********************************************************************